(株)ディー・エヌ・エー(DeNA)のキュレーション事業での著作権法・薬機法等違反

1.不祥事の導火線

「DeNA・守安社長が語る ベンチャー2社買収の狙い 日経新聞 2014年10月1日 モバイルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は1日、インターネットなどから記事を抽出して利用者に提供するキュレーションサービスを始めると発表した。」

2.株価の急落

dena stock price 20161201(会社四季報onlineより引用)

3.謝罪記者会見 2016年12月7日

・ディーエヌエ、南場会長「ゼロから会社を作り直す気持ち‥‥ヘルスケア情報のキュレーション(まとめ)サイト「WELQ」などで根拠が不明確な記載が相次ぎ、全10のサイトの記事を非公開にした経緯を説明した。‥‥守安社長「メディア事業への認識甘かった」‥‥

なお、出席したのは、上記の2名の他は経営企画本部長の小林賢治で、事業責任者である村田マリ・中川綾太郎など、キュレーションメディアの制作現場に携わる責任者は、不在であった。

 

4.第三者委員会「報告書」公表 2017年3月13日(一部引用)

コンプライアンス・リスク管理の観点からのみ引用する。

・著作権法違反

「DeNAが運営していた10サイトの記事37万6,671件についてサンプル調査を行った結果、統計学的には、複製権/翻案権侵害の可能性がある記事の出現率の推計値は1.9~5.6%の範囲内であり、その可能性がないとは言えない記事の同推計値は0.5~3.0%の範囲内であった。これらの記事の一部は、同時に、公衆送信権侵害、同一性保持権侵害又は氏名表示権侵害となっている可能性もある。‥‥」

「DeNAが運営していた10サイトの記事に掲載されていた画像472万4,571個のうち、74万7,643個については、‥‥複製権侵害の可能性がある。これらの画像は、同時に、公衆送信権侵害又は氏名表示権侵害となっている可能性もある。」

「‥‥DeNAが運営していた10サイトには、(i)文章自体には著作物性が認められないものの、他の記事のコピー&ペーストがなされていると考えられるもの、(ⅱ)出典が不明瞭で、引用方法として不適切であるものなど、倫理的に問題のある記事が掲載されていた。」

・薬機法、医療法又は健康増進法違反

「‥‥WELQの記事19本について調査したところ、‥‥薬機法 について8本、医療法について1本、健康増進法について1本であった。‥‥」

「 原因・背景分析‥‥リスク管理が出来ていなかったこと等」

上記への答えとしては、「 再発防止策‥‥リスク感覚の醸成‥‥」

なお、弁護士  福井健策が自分の事務所サイト (骨董通り法律事務所 for the Arts)で実物用いた「著作権侵害の記事はどれだけあったか」を抑制の効いた文章で検証している。

 

5.DeNAのコンプライアンス態勢・リスク管理の見直し

代表取締役を従来の1名から2名に変更するとともに、創業者である会長が代表取締役に復帰すること、取締役会による業務執行に関する監視を強化すること、コンプライアンス・管理体制を強化すること、役職員の抜本的な意識改革を行っていく方針をプレスリリースで発表した。

なお、本件のDeNAのキュレーション問題は、インターネットのプラットホームの問題、記事の委託先の管理の問題、マスメディアの創業者賛美による売り上げ第一主義、視聴率第一経営姿勢の問題(ワタミの過重労働自殺問題なども同じ)、企業買収(M&A)事業拡大におけるPMI (Post Merger Integration)問題、取引先決定の公正さの問題、不祥事における責任の取り方の問題、社会的損害に対する無責任、著作権法の理解不足、軽視と法規範としての2次的扱い、コンプライアンス違反があったのであれば、本サイトの私の論考にあるように、正面からコンプライアンスの適正復活に心血を注ぐべきで、そこでは職業倫理が中心になるとの問題などがあろう。もちろん、リスクマネジメントの問題として、3つのデフェンスライン、ERM2017の企業への取り込みなどはこの会社などの最大の喫緊問題だ。

■コンプライアンスDVD講座2018年版
最新の法令に基づくコンプライアンスDVD講座2018年版です。コンプライアンスの概念から態勢作りとモニタリングの方法までをホワイトボードを使って,丁寧に解説しています。コンプライアンスで必要な法律のポイント解説も加えています。研修講師としての経験に基づく実際のレジュメと会場の質疑応答を踏まえた分かり易いコンプライアンスの実務用解説DVDの決定版です。■最新事例分析した重要事例を追加して、2021年春に補訂しております。
⇒ https://compliance21.com/compliance-lecture-dvd/

中川総合法務オフィスの最新情報をどうぞ

◆コンプライアンス態勢の構築等コンサルティングやコンプライアンス・リスク管理等研修・講演のお問合せ

研修企画書、お見積書等は無料で、即日発行します。
☎ 075-955-0307 mail: こちら