臨時情報の住民への伝え方が9割(南海トラフ)

「南海トラフ地震」等の大地震が起きる可能性が高まると、気象庁が「臨時情報」を発表する。しかしながら、実際にいつ大地震が起こるのか、避難指示などが地方公共団体から発令されていつそれが解除されるのか。具体的な対応を中央防災会議が示さないとかつての「避難準備」情報のように何の意味か分からずに命を落とす人もいたではないか、自治体や企業、そして、学校プール横のブロック塀の下敷きになった大阪北部地震のように教育現場では戸惑うばかりだ。

平成31年3月までに、中央防災会議が地方公共団体や企業向けのガイドラインを公表して社会的な対応を示すことになっているが。

中川総合法務オフィスの最新情報をどうぞ

◆コンプライアンス態勢の構築等コンサルティングやコンプライアンス・リスク管理等研修・講演のお問合せ

研修企画書、お見積書等は無料で、即日発行します。
☎ 075-955-0307 mail: こちら