日野自動車は中大型のトラックとバスのディーゼルエンジンの排出ガスなどのデータを改ざん コンプライアンス違反の謝罪記者会見2022/03/05

1.日野自動車、エンジン保安基準「型式指定」の検査で、排ガスや燃費について性能を偽る不正

エンジン3機種で、2016年の9~12月に不適切な検査。2021年度の販売数だけでも2万2千台で全体の35%に及ぶ

2.排ガス性能の耐久試験の不正

基準を満たすために処理装置のマフラーを途中で交換した事例もあった。明らかに意図的で法令に違反する。

3.燃費不正

  測定装置の設定を変更し、実際よりもいい燃費の数値が出るようにしていた。

  小型バス向けの1種類のエンジンでも、公表していた燃費効率の数値が実際よりも高い値になっていた。

4.コンプライアンス違反の背景

社長は「数値目標の達成やスケジュールを厳守することへのプレッシャーなどへの対応が取られてこなかったことがある」とした。

中川総合法務オフィスの最新情報をどうぞ

◆コンプライアンス態勢の構築等コンサルティングやコンプライアンス・リスク管理等研修・講演のお問合せ

研修企画書、お見積書等は無料で、即日発行します。
☎ 075-955-0307 mail: こちら