自治体の条例や規則を職員が作成できる能力を養成する政策法務(法制執務)研修方法

1.法制執務(政策法務)研修 -自治体の条例や規則を職員が作成できる能力の養成研修-

(1)条例・規則作成等政策法務の必要性

地方分権手上げ方式時代、自治体消滅回避生き残り戦略としてである。

(2)政策法務研修の目的

地方分権改革の中で地方自治体を取り巻く環境が大きく変わり、地方公務員に法制執務能力が求められるようになった。

政策法務(法制執務)の概念と法制執務能力の内容について理解し、条例、規則等要綱案をもとに実際に簡単な条例、規則等を作って、その能力を養成する。

※なお、条例や規則作成能力は、政策のためと割り切れない場合もあろうが、ここではほぼ同じ意味に使い、法制執務=政策法務である。

 

2.自治体の条例や規則を職員が作成できる能力を養成する政策法務(法制執務)研修内容(カリキュラム)

Ⅰ 地方分権化と法制執務

①第1次地方分権改革

②法令・政令・省令と条例、規則等の関係

③機関委任事務の廃止と通達行政

④行政目的の達成と法制執務の必要性

 

Ⅱ 行政職員に求められる法制執務能力

①法制執務とは何か

②法制執務の必要性

③法制執務能力の範囲

 

Ⅲ 法制執務の基礎知識

①日本法体系の全体構造

②法令用語と法の解釈

③法令と条例、規則等の関係

④徳島市公安条例、規則等最高裁判決の検討

 

Ⅳ 条例、規則等の作成方法

①行政の問題点の発見と絞り込み

②行政内の調整と条例、規則等案の要綱作成

③パブリックコメントを踏まえて条例、規則等案の作成並びに規則案・説明資料の作成

④議会審議と議決・公布・予算決定・施行

 

Ⅴ 条例、規則等案の作成

①全体で10条前後のものを作る。

②「条例、規則等の作成方法」のレジュメを参考に作る。条例案は数個提示される。そこから一つ選択する。

③グループで討議して、大型模造紙に書いて発表する。

 

Ⅵ 条例、規則等案の発表

①議会や市民への説明を念頭に発表する。

②議会での質疑を念頭に丁寧に説明する。

…グループごとに、前に出て発表する。1グループは5分~10分であろう。

 

Ⅶ 法制執務のこれからの展望と自治体の政策法務(まとめ講義)

コンプライアンスの中川総合法務オフィスの最新情報をお届けします

YouTubeの中川総合法務オフィス公式チャンネルで無料動画公開中

※中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、コンプライアンス等をポイント解説したビジネス等にお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

コンサルティングのご依頼や講演等の参考にもお使いください。