リスクマネジメント3つの新潮流(研修・ISO31000・不祥事マスコミ対応)

1.リスクマネジメント3つの新潮流(研修・ISO31000・不祥事マスコミ対応)

(1)リスクマネジメント研修の隆盛

「リスクマネジメント研修」は、一般企業や地方公共団体では必修研修になってきている。

保険会社からリスクマネジメントが発展しCOSOレポートやISO31000によって一層組織一般のマネジメント概念になった。

福祉関係や介護関係はもちろん医療現場でのリスクマネジメント研修も頻繁に行われている。

コンプライアンス研修ともに不可欠な組織の研修になりつつあろう。

例えば、コンプライアンス研修で取り上げるクレーム対応も今日では「リスク情報の提供」といったリスクマネジメントの概念に移し替えて検討されたるする。

リスクマネジメント研修では、理論とともに実際の現場リスクを重視して実施する。

(2)ISO31000の浸透

ISO31000(リスクマネジメント国際規格)を参考にしたリスク管理の手法で最も大事なのは、リスクマネジメントプロセスである。

その中でさらに中核部分を占めるのがリスクアセスメントだ。

そのプロセスは7つの分から構成されている。

つまり、① 置かれている状況の確定 ② リスク特定 ③ リスク分析 ④ リスク評価 ⑤ リスク対応 ⑥ モニタリング及びレビュー ⑦ コミュニケーション及び協議である。

これを具体化する作業がリスク管理実務である。

(3)不祥事発生時のリスクマネジメントの必要性(マスコミ対応等)

不祥事が発生した時のクライシスリスクマネジメントも重要性が高まってきている。

緊急時への対処方法については、リスクマネジメント研修でプレスリリースの発行の仕方から記者会見のやり方までマスコミ対応を含めて実践的に行っておく。

2.COSO-ERM 2017 の衝撃

詳しくはこのサイトの別稿参照

コンプライアンスの中川総合法務オフィスの最新情報をお届けします

YouTubeの中川総合法務オフィス公式チャンネルで無料動画公開中

※中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、コンプライアンス等をポイント解説したビジネス等にお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

コンサルティングのご依頼や講演等の参考にもお使いください。