防災・危機管理の準備、初動、応急、復旧の4段階で必須の17項目

1.防災・危機管理で準備、初動、応急、復旧の4段階に必須の17項目

防災・危機管理・リスクマネジメントは、準備、初動、応急、復旧の4段階において、以下の17項目を必ず検討して業務を進めていくことが不可欠だ。

東日本大震災(2011/3/11)や熊本地震(2016年)において復旧活動をしている方々へのエールでもある。

17項目についての内容とチェックリスト作成して、合理的に4つの段階での業務を進めるのが効率的であろう。

2.17項目

1.災害対策本部の組織・運営

2.通信の確保

3.被害情報の収集

4.災害情報の伝達

5.応援の受入れ

6.広報活動

7.救助・救急活動

8.避難所等、被災者の生活対策

9.特別な配慮が必要な人への対策

10.物資等の輸送、供給対策

11.ボランティアとの協働活動

12.公共インフラ被害の応急処置等

13.建物、宅地等の応急危険度判定

14.被害認定調査、罹災証明の発行

15.仮設住宅

16.生活再建支援

17.廃棄物処理

(内閣府HP参照)

コンプライアンスの中川総合法務オフィスの最新情報をお届けします

YouTubeの中川総合法務オフィス公式チャンネルで無料動画公開中

※中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、コンプライアンス等をポイント解説したビジネス等にお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

コンサルティングのご依頼や講演等の参考にもお使いください。