分限処分は懲戒処分違うのか、どんな種類があるのか、国と地方で違うのか

1.分限処分とは、懲戒処分とどう違うのか、どのような種類があるのか、国と地方で違うのか

(1)分限処分の基本

地方公務員は、地方公務員法によらなければ、降任、免職、懲戒されず、地方公務員法又は条例によらずに、その意に反して休職されず、条例によらずに降給されない。

仕事が分限、倫理が懲戒である。

(2)地方公務員法の定め

(分限及び懲戒の基準)
第二十七条  すべて職員の分限及び懲戒については、公正でなければならない。

2  職員は、この法律で定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、若しくは免職されず、この法律又は条例で定める事由による場合でなければ、その意に反して、休職されず、又、条例で定める事由による場合でなければ、その意に反して降給されることがない。

3  職員は、この法律で定める事由による場合でなければ、懲戒処分を受けることがない。

2.国家公務員の場合

国家公務員は、人事院規則で定める事由によっても、免職と降任が可能である(国家公務員法75条)

なお、マスコミ等の方から質問があるが、何度も言うように、「分限懲戒処分」という言葉はない。

また、懲戒処分は、国家公務員法82条、地方公務員法29条により、4つしかないしできない。

 

コンプライアンスの中川総合法務オフィスの最新情報をお届けします

YouTubeの中川総合法務オフィス公式チャンネルで無料動画公開中

※中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、コンプライアンス等をポイント解説したビジネス等にお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

コンサルティングのご依頼や講演等の参考にもお使いください。