スキミング:記帳前の現金窃盗(資産の不正流用で多い手口)

1. スキミング(Skimming)

(1)スキミングとは何か

 スキミングは、現金が会計システムに記帳される前に取る手口である。同じようによく資産の不正利用で使わられる手口である帳簿上に記帳されている現金を窃盗するラーセニーが事後的な行為に対して事前的な早い段階で行われる現金窃盗である。スキミングが簿外(book)の窃盗とも呼ばれるわけである。未だ記録されていない金銭なので、犯行が行われたことを発見しにくい手口である。現場の販売員や出納係などの現金扱いをしている従業員であれば犯行のチャンスが絶えずあることから最も経営者は注意すべきであろう。

(2)スキミングの手口分類

①売上金のスキミング

 従業員が商品やサービスの提供を行って代金を受領しながら、売上記録を残さず、着服をする手口である。単純な手口だが他の者には分かりにくい。キャッシュ・レジスターを不正に操作したり、営業時間外や営業所外で営業するなどの具体的手口がある。在庫減の不計上、実地棚卸の偽装、在庫を抹消する費用の計上等の影響を財務諸表に及ぼす。

②売上の過小計上

不正の実行者が、取引を記帳する際に実際の金額よりも過小計上することにより、差額の現金をスキミングする手口である。客に販売した商品代金よりも安い金額を入力したり、販売が値引きで行われたように偽装する等が具体的な行為である。販売、集金及び記帳を1人が担当しているとこの手口のチャンスが出てくる。

2.スキミングの発見と防止

(1)スキミング発見(Detection)

 売上勘定の垂直分析や水平分析、比率分析によって売上げが除外された可能性を示す変化を読み取る、定期的な実地棚卸、抜き打ちのチェック等が有効であろう。また、現金勘定·在庫勘定の不規則な記帳、在庫の紛失·盗難·陳腐化等に関する償却の仕訳記帳の不自然さチェックなども有効である。

(2)スキミングの防止(Prevention)

 売上と入金、記帳の諸手続に係るリスクマネジメントを徹底させることが有効である。また、このような露骨な不正行為はCOSOの統制環境に問題があることが多く、倫理の向上プログラムの実践と相談型リーダーシップの展開も有益である。特に、管理職は売上手続の監視や現金,小切手など取り扱いチェックをマメにすることである。また、ジャパネットたかた事件再発防止策を参考にすれば分かるように棚卸資産の減少を 含む資産管理が重要である。

YouTubeの中川総合法務オフィス公式チャンネルで無料動画公開中

※中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、コンプライアンス等をポイント解説したビジネス等にお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

コンサルティングのご依頼や講演等の参考にもお使いください。